初めての人でもわかる消費者金融講座 総量規制対象外

MENU

総量規制とは

 

消費者金融の説明の中で総量規制という言葉が出てきました。
この総量規制という言葉も消費者金融にとって重要な言葉の一つです。

 

聞きなれない総量規制という言葉ですが法律の一つです。
総量規制とは年収の3分の1以上の貸し付けを禁止する法律なのです。

 

この法律ができる前は貸し付けの制限というものはさほどなくその人によって金額はさまざまでした。
しかしこのことにより多重債務者が増えてしまったりといろいろ社会問題にまで発展するようになってしまいました。
そのため国が動きだし年収の3分の1以上の貸し付けを禁止する法律を作ったのです。
しかもそのことで専業主婦の人も借りることができなくなってしまうということです。

 

専業主婦は基本収入がありません。
そのため年収がないということで借りることができないのです。
逆にパートなどしている主婦はこれまた年収の3分の1までなら借りることができるということです。

 

総量規制対象外

 

総量規制の意味ができると今度は総量規制対象外です。
字のごとく対象外なのです。

 

この総量規制という法律は貸金業法という法律です。
つまり貸金業法が適用されている消費者金融や信販会社などです。
そこでの借り入れについては総量規制が適用になるので年収の3分の1以上の貸し付けを受けることはできません。

 

でもここで総量規制対象外が出てきます。
その総量規制対象外というのが銀行カードローンのことです。

 

ちなみにモビットだったら総量規制対象外ではありません。

 

ここ最近は銀行のカードローンが主流になっていてCMなどでもよくながれています。
銀行もカードローンとして素早く簡単に借りることができる仕組みができているのです。
その銀行は貸金業者ではないので貸金業法が適用されません。
なので総量規制の対象外ということで年収の3分の1以上の貸し付けを受けることができるのです。