初めての人でもわかる消費者金融講座 審査基準

MENU

審査基準って何?

消費者金融でお金を借りると決めた方には必ず通過しなくてはならない道があります。
それがいわゆる審査です。
この審査を通過しなくてはお金を借りることがd系ないというわけです。
そしてその借りるための条件となるものが審査基準というものなのです。

 

この審査基準をクリアしないとお金を借りることが不可能になってしまうのです。
ではいったいどんな基準内容になっているのでしょうか?
詳しく紹介していきます。

 

まずは消費者金融側もお客様となる人がいったいどのようの人物であるかを調べることから始まります。
そのためもちろん個人情報にも踏み込むといった形になるでしょう。

 

名前は住所はもちろんのこと一般的に自分の情報をさらします。
ここでまず大きなポイントななるのがその住所にある居住場所は持ち家なのか、それとも賃貸なのか・・・などという分類に分けられます。
やはり自分の家を持っているということは大きな信頼につながるというメリットがあります。
もちろん分け合って自分の家を持つことができないという事情もあると思いますので持ち家がいい、悪いといったことではなく基準の一つとしては持ち家であるということが判断基準の一つになってくるということです。

 

そして次にポイントになるのは職業です。
やはり正規職員として勤務しているのか、また非正規雇用なのかなどが基準になってきます。
正規雇用であってもどのような会社でどのくらいの年収があるのかも基準の対象です。
今は消費者金融は総量規制という法律によって年収の3分の1以上は借りることができなくなっています。
(総量規制関係なく借りたい方は総量規制超えても借りれる?年収3分の1以上でも申込み可能な金融というサイトを参考にしてみてください。)
そのためパートやアルバイトの人でも年収の3分の1までは借りることが可能となっています。
ここでも正規雇用がいい、悪いではなくあくまで審査基準であると理解してください。
でも中にはパートやアルバイトを嫌がる業者もありますので注意してください。
そしてプラスやはり大手の会社でそれなりの年収をもらっている、または公務員であるというのは大きなポイントになるでしょう。
消費者金融もわざわざ回収見込みのないような人にお金は貸してくれませんから・・・

 

もちろん嘘の情報を流してもダメです。
必ず在籍確認を行います。
消費者金融のほうから個人名で会社に電話があります。
(決して「○○金融の〜」という電話はありませんので大丈夫です。ですが何の電話だろうと周りから不審には少し思われる場合もありますのでご注意を)
勤続年数も関係してきます。
その会社で何年勤めあげているかをチェックします。

 

そして最大の審査基準ポイントとなるのが今までの借入情報です。
必ずこの信用情報の照会が義務付けられています。
過去に借り入れがあってもスムーズな返済が行われていれば大丈夫です。
もちろん初めてのからもです。
ですが返済が良好ではなかったり、あまりあちこちから借り入れをしているようでは審査に通過できるかはわかりません。
先に述べたように信用情報ですので・・・
あまり信用がないような状況では審査に通過するのは難しいかもしれません。

 

このように審査基準はいくつかあります。
そして晴れてこの審査基準をクリアすることで借り入れ額が決定するということです。
この借入額も希望の金額になるのかは消費者金融サイドが見極めます。

 

これらの審査基準は一般的には消費者金融は緩いといわれています。
その根拠ははっきりとはありませんが、やはり事実銀行系よりは通過しやすいといわれています。
消費者金融のほうもお金を貸さなくては利息収入が見込めないので会社として成り立たなくなってしまうからでしょう。

 

審査基準を見事にクリアできれば借り入れができますがこの時に秘密のポイントとしてお勧めなのが「2社同時に申し込む」というものです。
1社だけ申し込んで、万が一審査基準に通過することができないと次に申し込む場合に先に通過できなかった情報が知られてしまうからです。
消費者金融同士その人の信用情報が共有できるため、ばれてしまうというわけです。
そのために同時に2社申し込むというのはなかなかおすすめできる方法だと思います。