東京都民銀行「パーソナルカードローンってどうなの?

MENU

地方銀行のカードローン・東京都民銀行「パーソナルカードローン

東京都には大手の都市銀行が群居しているためか、地方銀行は東京都民銀行1行しかなく、また、東京都民銀行は規模的には全国の地方銀行の中でも下位になっており、売上面でも第二地銀の東京スター銀行の7割程度でしかありません。

 

その東京都民銀行には「パーソナルカードローン」という少額のカードローンがあります。

 

パーソナルカードローンの利用条件は東京近郊に在住か勤務していること、勤続年数が1年以上で年収が150万円以上(個人事業主は100万円以上)あることとなっていますが、条件的にはそれほど厳しいものではありません。なお、利用限度額は30万円と50万円の2種類しかありません。

 

金利はともに9.8%と非常に低く、少額の借入で構わない人にとっては利用価値の高いカードローンと言えます。

 

さらに、東京都民銀行を下記のことで利用していると、金利の割引サービスを受けられます。「公共料金(光熱費や電話料金、NHK受信料など)の内、3種類以上の支払いに対する引き落とし決済をしている」、「給与の振込口座や年金の受取口座にしている」、「積立定期預金、または財形預金を利用している」、「クレジットカード代金の支払いの引き落とし決済をしている」場合に、各0.5%ずつ金利が引かれるため、最高で2%の割引となり、金利が7.8%に下がります。

 

申込は店頭窓口の他、申込書をホームページからダウンロードして送ることもできます。ただ、ホームページから直接申し込むことはできません。

 

また、本人確認書類の他、収入証明書の提出が必要です。審査結果の連絡があった後、店頭窓口で契約をします。

 

借入はATMから行いますが、東京都民銀行の他、ゆうちょ銀行やイオン銀行などの提携金融機関のATM、コンビニのセブンイレブン、ローソン、Enet(ファミリーマート、サンクス他)のATMが利用できます。

 

約定返済は毎月7日の東京都民銀行口座からの引き落としです。約定返済額は借入残高に関わらず1万円です。なお、ATMを使った任意返済も可能です。

 

ちなみに、東京都民銀行にはインタネット支店だけが扱う「WEBカードローン」があり、申込はホームページのみで行います。

 

利用限度額は50万円・100万円・200万円・300万円・500万円の5コースがあり、金利は50万円コースが14.0%、100万円コースは12.0%、200万円コースは8.0%などとなっており、都市銀行の金利と同レベルになっています。

 

借り入れ方法や返済方法はパーソナルカードローンと変わりませんが、約定返済は50万円以下が1万円、100万円以下が2万円、200万円以下が3万円などとなっています。

 

地方銀行のカードローンとしては金利は低い方です。お金を借りるなら東京の人にはおすすめと言えます。